家庭に大きく左右される女性の働き方

女性が生涯に渡る自分自身の働き方を考える場合、家庭生活との兼ね合いが重要です。例えば結婚と出産を希望している女性であれば、独身女性よりも自由には勤務できないのが一般的です。できるだけフルタイムで勤務したいのいなら、家事と育児を一緒に両立してくれる男性と結婚する必要があります。また、保育園などの外部サービスの利用や実家の手助けもより一層重要になってきます。
もし、できるだけ自分自身の手で家庭を切り盛りしていきたいのなら、正規雇用ではなく非正規での働き方を選択するのが最適です。非正規雇用にはパートタイマーだけでなく派遣も存在しているため、自分のスキルを活かして大企業に勤務する事も可能になってきます。それでいて非正規雇用での働き方を選択すれば、正社員よりフレキシブルに勤務することができます。
もしも家事や育児をこなしつつキャリアを積んでいきたい場合、女の人のキャリアアップを支援してくれる会社に入ればその思いは実現できます。男女の格差が激しい会社に就職してしまうと、どれほど仕事で実績を示しても男性社員より昇進できないので注意が必要です。
化粧品会社や女性向けのアパレルブランドなどに就職すれば男性以上に女性の力が必要とされるため実力を認めてもらえやすい傾向にあります。女の人のキャリアを支援している会社であれば子育てと仕事の両立をフォローする体制が整っている事が多いため、就職するメリットが大きいです。女性として長く働いていきたいと考えた場合、こうした支援体制の整った会社に就職しておくことが重要です。頑張り屋さんな女性に要注意なのが育児や家事をこなしつつ、色々な仕事を抱え込んでしまうこと。無理をしないために女性に合った働き方を知り、自分なりに構築していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です